2007年08月28日

国民健康保険 国民健康保険料

いろいろな保険の中で、国民健康保険法やその他の法令に基づいて管理・運営されるのが、「国民健康保険」なのです。 私たちは、「国保(こくほ)」と言います。
国民健康保険についての知識を、どれだけの人が知っているのでしょうか? 市町村が管理・運営しているのが、「国民健康保険」です。税金をそれぞれが出し合いながら、支えあう制度なのです。


しかしながら、少子高齢化に影響により、医療費が増加しています。そのため、全国的に国民健康保険料が高騰、払えない人が増えてきています。 自治体ごとでも、この状況をストップさせるためにはどうすべきかを考え実行してきましたが、なかなか、難しいようです。
国民健康保険料の支払いに関して、納付が困難であると判断された場合は、国民健康保険料を支払わなくてもよい「減免制度」を受けられます。

この制度以外にも、国民健康保険料が安くなる「減額制度」、支払いを延ばす「徴収猶予」「分割納付」なども広く活用されています。
国民健康保険は、自治体単位で運営がされているため、国民健康保険料の徴収金額が違うという問題もあり、国保に関しては、まだまだ、改善の余地があるようです。 しかし、自分の身を守るための国民健康保険です。加入が必要な人は必ず加入し、国民健康保険料を納めておきましょう。きちんと払って国民健康保険制度を有効に使いましょう。

ラベル:国民健康保険
posted by akke at 03:51| 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲しい商品を探すならこちらからどうぞ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。